少人数でできる東京きちんとブライダル

少人数の結婚式を成功させる会場選びのコツ

少人数でできる東京きちんとブライダル
少人数でできる東京きちんとブライダル 少人数でできる東京きちんとブライダル

少人数結婚式とは、家族や親族、親しい友人だけを招待して30名以下で行うウェディングスタイルのこと。お世話になった人ひとりひとりに合わせて料理や演出にこだわったり、準備期間を短縮できたり、費用を抑えられたりと、いいところがいっぱいあるんです!

このサイトでは、少人数の結婚式を成功させるためのノウハウをご紹介します。大切な結婚式を、素敵な思い出にしましょう。

少人数でできる東京きちんとブライダル

少人数の結婚式を成功させる会場選びのコツ

TOP » 少人数におすすめの結婚式場 費用ランキング » 少人数の結婚式・気になる費用相場 » リゾートウェディング【費用事例】

プチウェティング会場費用ランキング

ラレンツァ
15.8万/10名

公式HPを見る

サンアクア
16.2万/10名

公式HPを見る

ラリアンス
20.6万/10名

公式HPを見る

リゾートウェディング【費用事例】

リゾートウェディングのイメージ

家族だけの結婚式なら、旅行も兼ねたリゾート地での結婚式も人気です。ここでは、多くのカップルに選ばれているリゾート婚のカタチを、国内編、海外編にわけて紹介していきます!費用相場やおすすめスポットも紹介しているので参考にしてみてくださいね。

リゾートウェディングの費用相場

費用相場

100万円~400万円

費用事例

■国内
挙式代・パーティー代・新郎衣装・新婦衣装・ヘアメイク・衣装着付・ブーケ&ブートニア・記念写真・旅費・ホテル代・引出物
100万円~

■国外
挙式代・パーティー代・新郎衣装・新婦衣装・ヘアメイク・衣装着付・ブーケ&ブートニア・フラワーシャワー・記念撮影・送迎・旅費・ホテル代・引出物
150万円~

注目度抜群のリゾートウェディング・国内編

国内なら東京から出発できますし、ご年配の方でも安心ですね。ちなみに国内のリゾート挙式で人気の場所は、沖縄などの南国リゾートをはじめ、山梨や軽井沢、那須、伊豆などの高原。

日本ならではの豊かな四季を満喫できるのが魅力ですが、どこも観光地としても人気の場所。混雑する夏休みシーズンや、沖縄・九州地方は梅雨や台風の時期を外したほうがベターですね。となると、ベストシーズンは春や秋かもしれません。

予算については、都内でおこなうハウスウェディングより若干安く、200万円前後で挙げられるプランもあるようですが、気をつけたいのがゲストへの配慮です。たとえ現地に泊まるほどの距離でなくても、交通費は負担するとか、ご祝儀は遠慮するのが一般的。その点も考慮すると、結局ハウスウェディングとそれほどの差はない印象です。

注目度抜群のリゾートウェディング・海外編

海外リゾートでの結婚式の敷居の高いイメージはもうなく、かなりメジャーですよね。忙しい現代人にとっては、一緒に新婚旅行もできるという合理的な理由も人気の秘密かもしれません!

人気の場所は、ダントツでハワイ
続いて、グアム・サイパン、オーストラリア・ニュージーランドと続きます。バリ島も人気です。

人気ナンバー1のハワイは、温暖な気候に加えて日本人が挙式できる教会が多いことが特徴。日本人の挙式に対する理解があることや、比較的日本語が通じやすいため、家族だけの結婚式にぴったりです。ショッピングやマリンスポーツ、観光スポットも豊富で、ハネムーンにも最適ですよね。

気になる予算ですが、二人で結婚予算が140万+ハネムーン50万とすると、国内での結婚式相場の280万よりは断然お得な気がします。ただし、やはり忘れてはならないのがゲストへの配慮。交通費の半額~全額か、宿泊代を招待側が負担するのが主流のようです。

リゾートウェディングとは別にお披露目の場を設けよう

リゾート地で家族だけの結婚式をすませたあと、帰国後に友人たちを招いた披露パーティーを開くカップルは、約8割を占めるそうです。このようなスタイルの披露パーティーを「1.5次会」と呼ぶそうですよ。

みなさんが会場に選んでいるのは、ウェディングプランを提供しているレストランでのパーティー。ごはんがおいしいのはもちろん、ゲストとの距離が近いことでアットホームなひとときが過ごせるのも魅力ですね。

持ち込み無料のサービスなどといった、レストランならではの柔軟な対応も◎。あれこれと自分たちらしい演出を考えるのも、一生の思い出になりそうですよね。