少人数でできる東京きちんとブライダル

少人数の結婚式を成功させる会場選びのコツ

少人数でできる東京きちんとブライダル
少人数でできる東京きちんとブライダル 少人数でできる東京きちんとブライダル

少人数結婚式とは、家族や親族、親しい友人だけを招待して30名以下で行うウェディングスタイルのこと。お世話になった人ひとりひとりに合わせて料理や演出にこだわったり、準備期間を短縮できたり、費用を抑えられたりと、いいところがいっぱいあるんです!

このサイトでは、少人数の結婚式を成功させるためのノウハウをご紹介します。大切な結婚式を、素敵な思い出にしましょう。

少人数でできる東京きちんとブライダル

少人数の結婚式を成功させる会場選びのコツ

TOP » 少人数におすすめの結婚式場 費用ランキング » お金のかけどころ・節約どころ

プチウェティング会場費用ランキング

ラレンツァ
15.8万/10名

公式HPを見る

サンアクア
16.2万/10名

公式HPを見る

ラリアンス
20.6万/10名

公式HPを見る

お金のかけどころ・節約どころ

ペーパーアイテムや小物など、手作りすれば節約にもおもてなしにもなる!

結婚式だからお金がかかるのは仕方ない、と思われがちですが、実は「仕方ない」わけでもないのです。工夫すると節約できることがけっこうあるって、ご存知ですか?

「ケチったらゲストに失礼?」「安っぽくならない?」という心配があるかもしれません。でもそれは大丈夫。節約ポイントさえ見極めれば、安っぽくならずに費用を節約できますよ。

少人数の結婚式なら、形式よりも気持ちが大事です。豪華でなくても手作り感のあるパーティーにしたら、少人数の結婚式らしいアットホームな雰囲気が出て喜ばれますよ。

少人数結婚式とは?

結婚式といえば結婚したことを自分たちの親しい人に報告する、大きなイベントです。

そのことからホテルに客人を招待して、チャペルでの挙式とホテルの式場を貸し切っての披露宴を大々的に行うものが一般的でした。

ところがそれを行うとその分当然、費用はかさみます。

招待する人数にもよりますが、このようにホテルでの挙式と披露宴を行うと平均して300万円ほどかかってしまいます。

現代では、そのような金銭面の負担を懸念する人も多く、そんなに多くの人を招待して行う程のものなのかと疑問視されています。

そこで親族や親しい友人だけを招いての、小規模な少人数結婚式を行う人が増加しています。

少人数の結婚式ならば準備も比較的に簡単に行うこともでき、費用も従来の結婚式よりも抑えられます。

節約は「ケチ」とは違う!賢い二人の挙式

節約できるところは全て節約する、という考え方は危険です。みすぼらしくならず、自分たちもゲストも満足できる式にするには「節約ポイントを見極める」ことが大切。

結婚式に何回か招待されていると、この前招待してもらった結婚式よりも、この結婚式はどうなのかということが安易に比較できます。

もちろん招待してもらっている以上、文句を言う人はいないと思いますが、どの程度力を入れて行なっているのかは、直ぐにゲストへバレてしまいます。

そのことに注意して、少人数結婚式成功のアレコレを考えていきましょう。

節約できるもの

節約しないほうがいいもの

絶対にケチってはいけないのが、料理の質!おいしいお料理でのおもてなしは、出席してくれた方々への感謝の気持ちです。挙式の流れを考えてみると乾杯の音頭や挨拶、余興など行う人を加味しても、招待されたゲストたちの時間の大半は食事にあてられます。ゲストの記憶にも残りやすいところなので、ほかで予算を削減することができたら料理をランクアップさせたほうがいいくらい、予算をかけたほうがいいポイントです。

同じく引き出物もゲストの手に届くもの。一生に一度の結婚式、自分たちが主役!と思うのも間違いではありませんが、ゲストへのおもてなしの心は大切にしましょう。

現在は重量のある引き出物を送るとゲストが持ち帰るに大変な思いをするので、後からギフトブックで選んでもらうというのが主流になっています。

ギフトブックの中から好きなものを選べれば、ゲストの人が「これはいらないな」なんて気持ちにはなりませんよ。

一方節約できるポイントは、「ペーパーアイテム」と「花代」などです。気をつけたいのが、「席次表」「花代」などは最初からプランに含まれているということが多く、こちらから言い出さないと節約にならないという点。プランから抜いてもらって金額を差し引いてくれるようお願いするか、プランを一番シンプルなものにするか検討してみましょう。

ここでは節約ポイントである2つについて詳しく解説していきます。

ここは節約できる!「ペーパーアイテム」

ペーパーアイテムと招待状・当日の席次表・席札・料理のメニュー表といったものを指します。

ゲストを招くためには必要不可欠なものであり、これらのどれかを省くことはできません。席次表などは招待客の数にもよりますが、1枚500円ほどかかっていたりするものです。それかける人数分ということですから、けっこうな節約になりますよね。

この項目はよく調べておかないと、結婚式の料金プランに含まれてしまっている場合もあるので注意が必要です。

パソコンを駆使できる人であれば、席次表もメニューなども簡単にできます。確かに式場の方に頼んでしまえばその分の手間と時間はかからなくなります。しかし式場で用意してもらうものは無機質なものが多く、どうせ少人数ならばオリジナリティあるものにした方がゲストも嬉しいはずです。もちろん自分でもできますが、得意そうな友人にちょっと声をかけてみるのも少人数結婚式だからこそ使える手段です。

手作りは苦手、頼めそうな人もいない…という場合は、ペーパーアイテム専門のオンラインショップを利用するのがおすすめ。式場に頼むよりも安くペーパーアイテムを注文することができるうえ、おしゃれなデザインも豊富にあるんですよ。

ここは節約できる!「テーブルフラワー」

続いて花代。節約できるの?と思うかもしれませんが、最初の設定は豪華なものになっていると考えてほぼ間違いありません。

例えばメインテーブル以外はお花の量を減らしたり、お花よりも安いグリーンを多めにしてもらったりして調整しましょう。結婚式に参加したときに、テーブルフラワーに対して最初は綺麗だなと感じることもありますが、あくまで新郎新婦を見に来ているので花が豪華か否かにはそんなに目が行きません。ただし節約しすぎると会場がさみしい雰囲気になってしまうので注意が必要ですが、代わりにプチギフトやペーパーアイテムにこだわるのも手ですよ。

ここは節約できる!「写真・映像関係」

挙式の途中に流すムービー

現在、結婚式参加してみると主流になっているなと感じるのが、オリジナルムービーの上映。

スライド写真や本格的な動画、なかには当日の式の模様を最後に上映するという演出も見られます。

しかしこれらを業者や式場に任せてしまうと、料金が高くつきます。

勿論、クオリティにこだわりたいのならば業者依頼の方が良いのですが、パソコンに既存されているソフトや、フリーソフトなんかでもハイクオリティの動画は作れます。

結婚式の撮影をカメラマン依頼

昔から定番の結婚式の様子をプロのカメラマンに撮影してもらうというもの。

この部分でも大きな節約ができます。

そもそも結婚式後、この動画を定期的に見るという可能性は低いと思います。

何よりゲストにとってはその様子が撮影されていようが、いなかろうが影響はありません。

そのことからこれが不要と感じるのならば、省いてしまった方が節約になります。

また結婚式の様子の写真をプロのカメラマンに撮ってもらい、後からそれをネットで購入できるというシステムもありますが、買うような人がいなそうならば、こちらも省いてしまった方が節約になります。

ここは節約できる!「ウェディングケーキ」

ウェディングケーキの入刀は夫婦最初の共同作業と呼ばれているように、式の中でも重要な項目の一つですがこちらも節約が可能です。

ゲストがこぞって夫婦の写真を撮る可能性があるので、豪華な方が見栄えが良いのかなと思ってしまいますが、果たして本当にそうでしょうか?

このウェディングケーキは入刀後、デザートとしてゲストに振る舞われます。 しかしその時には、ショートケーキサイズになってしまうため、どんな見栄えだったのかよりも味が重視されます。

見た目が豪華で値段が張るものよりも、地味でも味を重視した方がゲストは嬉しいはずです。

ここは節約できる!「お色直し」

お色直しは、和装からドレスなど夫婦の違う一面を演出するのに重要な項目ですが、こちらも節約できる項目です。

1回程度のお色直しならば、豪華な演出となりますが2回3回と回数を重ねてしまうと、お色直しの時間中、新郎新婦は退席することになるので式の雰囲気が間延びしてしまいますし、何度も行ってしまうと流石に飽きてしまいます。

またお色直しがなくても、ゲストが悪い印象を持つことはありません。あくまで新郎新婦の気分の問題なので不要だなと感じるのならば、省いてしまっても構いません。

衣装をレンタルすると一回あたり○十万という費用がかかるので、節約するのには大きなポイントです。

ここは節約できる!「挙式」

大胆に挙式のスタイルを変えてしまうのも節約するのには、大きな一歩になります。

例えば定番のチャペルで挙式をあげと神父と聖歌隊を雇わないといけないので、その分の費用はかかります。

しかし現代では、挙式より披露宴の方が結婚式という意味合いが強い気がします。

そのことからチャペルでの挙式にこだわる必要はありません。

人前式という形式に変えれば、神父や聖歌隊を雇うことやチャペル代も節約でき、演出や行う場所を自由に考えることができます。

あくまで挙式は新郎新婦の結婚の誓約を見届けることに意味合いがあるので、どこでやらなければならないという決まりはありません。

そのことからチャペルにこだわる必要はないのです。

ここは節約できる!「挙式日」

結婚式場というのは式の日や季節ごとに料金が変動します。

それを上手く利用すれば、式場代そのものを節約できます。

結婚式を挙げる月として有名なのが6月。

梅雨時期なので結婚式を行うのに向いているか疑問がありますが、ジューンブライドと言われるだけあって結婚式を挙げる月として人気の月となります。

そのほかに5月・10月・11月は、春と秋という日本では過ごしやすい季節となりますので、結婚式を挙げる季節としても人気です。

そのことから当然、この時期は式場代が高騰します。

逆に7月・8月の真夏や12月〜2月の真冬は、気候的にゲストが結婚式へ出席するのに過酷なため、結婚式を挙げる方が少ないので料金は下がり目になります。

また六曜も料金に影響を及ぼします。

一番良いと言われているのが大安。

六曜の中でも一番運気が良いとされていて、結婚式という人の縁を結ぶものでは特に重視されます。

6月の大安の日なんかは、式場を抑えること自体も難しいですが、料金も特に高額になります。

逆に仏滅は、六曜の中でも一番運気が悪いとされていて、結婚式を始めとした祝儀では特に敬遠されています。

そのため、式場を抑える人は少なくその分、料金を下げて人を呼び込みます。

そのことから六曜というものを気にしない方は、ここを狙えば料金を節約することができます。

現在、日本も気候が変化し過ごしやすい季節というものが変わりつつあるので気候面に気を配りさえすれば、ゲストに不快な思いをさせずに節約にも繋がります。