少人数でできる東京きちんとブライダル

少人数の結婚式を成功させる会場選びのコツ

少人数でできる東京きちんとブライダル
少人数でできる東京きちんとブライダル 少人数でできる東京きちんとブライダル

少人数結婚式とは、家族や親族、親しい友人だけを招待して30名以下で行うウェディングスタイルのこと。お世話になった人ひとりひとりに合わせて料理や演出にこだわったり、準備期間を短縮できたり、費用を抑えられたりと、いいところがいっぱいあるんです!

このサイトでは、少人数の結婚式を成功させるためのノウハウをご紹介します。大切な結婚式を、素敵な思い出にしましょう。

少人数でできる東京きちんとブライダル

少人数の結婚式を成功させる会場選びのコツ

TOP » 少人数におすすめの結婚式場 費用ランキング » 見落としがちな結婚式の費用【少人数編】

プチウェティング会場費用ランキング

ラレンツァ
15.8万/10名

公式HPを見る

サンアクア
16.2万/10名

公式HPを見る

ラリアンス
20.6万/10名

公式HPを見る

見落としがちな結婚式の費用【少人数編】

結婚式にかかる費用はどれくらい?

式場の見積もりの中に含まれていない費用があるのをご存知ですか?それはゲストに渡すお礼です。遠方からのゲストの交通費や宿泊代は、式場の見積もりには含まれていません。また、受付や主賓、司会者など、結婚式のお手伝いをしてくれる方にもお礼が必要です。それぞれどれくらいの費用が必要なのかをまとめているので、ぜひ参考にしてください。

遠方から来るゲストには交通費や宿泊費

遠方から結婚式に出席するゲストにとって交通費や宿泊費は大きな負担になるので、新郎新婦ができるだけ全額負担するのが望ましいと言われています。ですが、結婚式ですでに大きな費用がかかっているうえでさらにゲストの交通費と宿泊費を負担するのは大きいものですよね。全額は難しくても、半額か一部は負担するのが望ましいでしょう。

負担を半額や一部に抑える場合は、招待状を送る前に連絡することが大事です。交通費や宿泊費を半額または一部しか負担できないことを伝えたうえで出席してもらえるかどうかを確認しましょう。「これだけしか負担できずに申し訳ありません。ご出席していただけると嬉しいのですが」と誠意を見せれば、たとえ半額負担であっても結婚式に出席してくれるはずですよ。

交通費や宿泊代を渡すタイミングは

の2パターンが一般的です。

受付・主賓・司会者にはお礼

結婚式当日に受付や司会を引き受けてくれた方や主賓にはお礼を渡すのがマナーなので、渡し忘れがないように注意しましょう。受付の方には3,000~5,000円、主賓は10,000~30,000円がベター。司会者を友人に依頼した場合は10,000~30,000円ほどをお礼として渡すと良いでしょう。プロの司会者に頼んだ場合は約40,000円と、友人に頼む場合と比べて10,000円ほど高くなります。

受付や主賓以外にもお礼を送ったほうが良いのが、余興に参加した方や友人代表でスピーチした方、電報やプレゼントを贈ってくれた方々です。このような方々の場合はお礼としてお金を包むと却って気を遣わせてしまう場合があります。その場合は小物をプレゼントしたり食事会を後日開催したりすると喜ばれるかもしれません。